勃起障害は自分一人の問題ではなく大切なパートナーにも関わる問題だということを理解して正しい治療法を学びましょう。勃起障害をひとりで抱えていると、そのことによるストレスで症状の悪化を招きます。

ED治療法と薬の選び方

勃起障害の可能性がある場合のED治療法としては、生活習慣の改善からが重要です。
勃起のメカニズムは、性的な刺激や興奮が発生すると、脳から環状グアノシンーリン酸の生成が命じられます。
サイクリックGMPの作用は、陰茎の海綿体に繋がる血管を拡げ、血液が流れ込めるような状態を作ります。
陰茎に流れ込んだ血液は、綿状態の海綿組織に染みわたる事で膨張し、勃起している状態となります。
陰茎の海綿体に効率よく血液を送るためには、血液がドロドロにならないように血中コレステロールや血糖値が低くなる食生活を行う事が大切です。
血液をサラサラの状態を維持しておくと、血行が良くなり陰茎海綿体へ血液が流れやすくなります。
勃起障害を治療するための薬は、勃起するのに必要な物質のサイクリックGMPを破壊してしまうホスホジエステラーゼという酵素を阻害することを目的としています。
薬には即効性のあるタイプと、即効性には欠けるものの効果持続時間が長い薬剤があります。
性交渉を行うタイミングに合わせて服用することが重要で、効き目の早いタイプは性交渉の三十分から六十分前に飲むようにし、効き始めがゆっくり効いて来るタイプは、性行為の120分以上前を目安に服薬が良いです。
服薬をするタイミングが適切でないと、しっかりとしたED治療薬の効果を得られる事ができません。
勃起障害を治療する薬はアルコールとの相性もあまり良くないのと、アルコールには、脳からの神経物質の伝達を鈍化してしまう作用があり、それが原因で勃起障害になるケースもあるため、ED治療薬を服用する時はアルコールを控える事が大切です。
勃起障害の可能性がある場合、早期治療を行う事が大切です。